お役立ち情報
お役立ち情報
作成日:2011/06/27
セクハラ労災広く認定へ! 年内にも都道府県労働局に通知



6月24日の日経新聞によると、職場のセクハラで発症したうつ病など精神障害の労災認定について、23日厚生労働省の分科会は、新たな認定基準案をまとめました。胸を触るなど直接的なセクハラは被害者の心理的負担が従来より重く評価され、労災認定されやくなります。同省は検討を重ね、年内にも都道府県の労働局に通知します。

うつ病など精神障害の労災認定は、その原因となった職場の出来事を心理的負担が強い順にV〜Tの3段階で評価します。セクハラは原則として中間の「U」とされ、労災認定されないケースが多くありました。新基準は、どのようなセクハラならVやTに修正するか例示しました。

「V」となるのは「胸や腰などへの接触を含むセクハラが継続した」場合などです。「性的な発言が継続し、会社も適切な対応をしなかった」もVの対象となりました。強姦やわいせつな行為の強要はUからの修正ではなく、初めから「V」と認定します。

反対に「T」となるのは、「『ちゃん』付けで呼ぶ」「職場に水着の女性ポスターを貼る」などのケースになっています。

お問合せ
小金丸人事労務オフィス
〒816-0943
大野城市白木原1-11-11 2F
TEL:092-401-7701
FAX:092-405-5167
メールでのお問合せ