お役立ち情報
お役立ち情報
作成日:2011/12/08
就業規則の規定を上回る取扱



 民法92条では「当事者間に暗黙の了解のもと就業規則を上回る取扱いがなされている場合には事実たる慣習」として、違反行為とならない。

 例えば、始業9時となっているものの、10分程度の遅れは遅刻扱いろせず、賃金カットの対象ともしないなどは、よくある「慣行」だ。

 一方、会社が「悪慣行」として廃止を主張しても、不利益取扱いとして労働者が反対する場合もある。

 終業前の入浴について、止めるように示達したにもかかわらず、無視続けて争いになった判例では、「就業規則の制定者がこれを悪慣行として、認めないとした事案」では、是認しない限り法的効力を有する慣行が成立していたということはできない」と判示し、労働者側の主張を退けている。

お問合せ
小金丸人事労務オフィス
〒816-0943
大野城市白木原1-11-11 2F
TEL:092-401-7701
FAX:092-405-5167
メールでのお問合せ