ご挨拶
ご挨拶

会社は、3年前から変わりましたか?
〜時代も、人の意識も変わっています。〜

※「目標」を立て、「現状」を見つめ、対策
を継続して行うこと。(継続は力なり!)
企業存続・発展に必須のことです。


“企業防衛”と“発展”のためには
“プロの就業規則”が必要な時代です。

「組織力を高める就業規則」 「信頼関係構築のための労務管理」 を専門とする福岡県大野城市在住の「社労士」の小金丸 清です。
まずは、“社員が安心して働ける仕組みつくり”が必要です
“御社の人事労務管理の軸となる就業規則”を整備してください。

社労士でない者(コンサルテイング、税理士、行政書士、中小企業診断士等)が、報酬を得て就業規則作成を行うことは、社労士法第27条(業務の制限)違反となり、1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられます。

就業規則作成の業務は、労働基準法をはじめ、労働社会保険諸法令に精通した社労士にのみ認められた業務であり、社労士の業務のなかで最も重要な業務です。

就業規則の内容は、「労働条件に関する部分」と「服務規律に関する部分」に大別されます。「労働条件を明確にすること」と、労働者が遵守しなければならない「職場の服務規律を定めること」です。

現場の管理者は、@就業規則の内容をよく理解し、A就業規則に基づき部下に職場の秩序を遵守させ、「労働者の労働条件を履行する」義務があるのです。そうでなければ、職場のトラブルを防ぐことはできません。

当事務所は、経営者の目線で「人事労務管理」を考えます。
※「人事労務管理」は、経営にどう役立つのでしょうか?

人事にしか持てない経営者の目線があります。それが、“企業を成長(売上増・利益増)させること”
です。なぜなら、「人」だけが環境変化(人事制度・人材教育)に対応して変われる経営資源だからです。

  そして人の変化とは成長に他ならないのです人が変化して成長することによってのみ、企業は成長できるのです。


これから企業に必要なのは、就業規則作成と労務相談に長けた「顧問社労士」です。


   

   

WORDでそのまま使える人事労務管理基本書式集
WORDでそのまま使える人事労務管理基本書式集

| 採用 | 退職・解雇 | 労働時間・勤怠  | その他 |
労働条件通知書[パートタイム・有期雇用労働者用](2024年4月対応版)
これはパートタイム・有期雇用労働者を雇入れた際・更新する際に交付する労働条件通知書です。2024年4月より就業場所・業務の変更の範囲、更新上限の有無・内容を明示する必要があります。
shoshiki805.docx  shoshiki805.pdf

会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座

   

このコーナーでは、経営者や管理職が最低限知っておきたい人事労務管理のポイントを会話形式で分かりやすく解説していきます。今回は、プライバシーに配慮した障害者の把握・確認の仕方についてとり上げます。>> 本文へ

人事労務ニュース
人事労務ニュース

今国会で改正された育児・介護休業法の概要2024/06/18
今国会で改正された雇用保険法の注目ポイント2024/06/11
賃上げに取り組む企業への公的支援2024/06/04
労災保険特別加入者の給付基礎日額の変更2024/05/28
在宅勤務手当と割増賃金の算定基礎等の整理2024/05/21

>> バックナンバーへ

旬の特集
旬の特集

   

助成金制度は年度単位で予算が立てられているものが多く、年度初めに多くの助成金の創設・改廃が行われます。今回は、企業が比較的活用しやすい助成金をいくつかご紹介します。>> 本文へ

総務担当者のための今月のお仕事カレンダー
総務担当者のための今月のお仕事カレンダー

   

今月は労働保険の年度更新手続や夏季賞与の準備があり、総務・人事担当者にとっては慌しい時期となります。そのため、スケジュールを立て余裕をもって準備を進めておきたいものですね。>> 本文へ

知っておきたい!人事労務管理用語集
知っておきたい!人事労務管理用語集

>> 用語一覧へ
労使協定
事業場における労働者の過半数代表と締結する協定のことをいう。労働者の過半数代表とは、労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者をいう。

人事労務管理リーフレット集
人事労務管理リーフレット集

経過措置期間は2025年3月31日までです 4月1日以降は別の措置により、高年齢者雇用確保措置を講じる必要があります
経過措置に基づく基準対象者に限定した継続雇用制度を利用している場合、2025年4月1日以降は別の措置により高年齢者雇用確保措置を講じる必要があることを解説したリーフレット
重要度:★★★★★
発行者:厚生労働省
発行日:2024年3月
nlb1598.pdf
お問合せ
小金丸人事労務オフィス
〒816-0943
大野城市白木原1-11-11 2F
TEL:092-401-7701
FAX:092-405-5167
メールでのお問合せ